SS紹介ページ

はじめましての方ははじめまして、その他の人はまぁそんな感じ。

橘和板と申します。
どうぞよろしく。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

ヤンデレ小鳥ちゃん(Rewriteネタバレあり)

「んじゃ、わたしゃ帰るよ」
「ああ。いつもありがとな、小鳥」
湖太朗君に見送らながら、天王寺家を後にする。
十何年も繰りかえした行動。いつも通り。
そうして家に帰ってきた私は、これまたいつも通り、

 

天王寺家に付けられた、監視カメラのチェックを始めた。

 

 

 

「ヤンデレ小鳥ちゃん」

 

 

 

(はぁ…やっぱ湖太朗君はカッコいいなぁ‥)
鼻息を荒げながら、画面を凝視する少女。
傍から見れば…いや、よくよく見てもアブない少女なのだが、それを咎める者は居ない。
少女は留まる事を知らず、監視を続ける。
画面の中で愛しい人───天王寺湖太朗は小鳥が今日の最後の来客だったのだろう、風呂に入ろうとしているようだ。
着替えを準備して、風呂場へ向かう。
見られているなど露知らず、なんの恥ずかしげも無く服を脱ぎだす。
だが、実際は見られている訳で。
「あぁ、やっぱりたくましいね、湖太朗君…」
湖太朗は全裸になり、当然下半身も剥き出し。
ここでただの少女なら、下半身に手を伸ばして自慰を始めていたのかもしれない。
だが、神戸小鳥は違う。そんな域は既に突破しているのだ。
もはや芸術。そこまでに彼女の中で彼は昇華していたのだった。

 

風呂を終え、ベットの中に入り就寝する湖太朗。
「おやすみ、湖太朗君」
聞こえないおやすみを、毎日続ける。
これこそが、神戸小鳥の日常なのだった。

 

朝、起床時刻は湖太朗の10分前。
カメラ自体は24時間録画し続けているが、やはりリアルタイムで確認したい。
その考えにより、カメラを設置して以降は常にこの時間に起床しているのだった。
10分の間に学校へ登校できるように身支度を済ませる。
この動きももう十何年も繰り替えした事。焦ることも無く支度を終え、モニターの前に着席する。
平均起床時間の2分前に、本日の湖太朗は起床した。
先ほどの小鳥よりかはゆっくりと、朝の身支度を進める湖太朗。
何度見ても飽きることはない。恍惚の表情を毎朝浮かべる小鳥なのだった。
「…はっ。そういえばまだ今日のを決めてなかった」
そう呟くと(先に決めておかなかった自分を呪いつつ)一旦モニターの前を離れ、自室へと向かう。
リビングに機器類を設置しているおり、ほぼ常にモニター前に居る小鳥にとって、
もはや寝室として機能している小鳥の部屋にはもう一つ、魔物の保管場所という用途もある。
「今日は…お前で行くか」
リーフバードの一体を手に取り、ゲロイドの力をこめて契約する。
途端に命を吹き込まれたかのように羽ばたきだす。
「ほら、いけっ」
手を離し、大空へと飛んでいくリーフバード。目的地は天王寺家。
ここに保管されている魔物は全て、映像まで共有できる偵察型ばかりである。
用途は当然、湖太朗の観察。
この能力を与えてくれた運命には、感謝している。
ちっとも悲しくなんて思わない。

 

所変わって、学校。
ここは湖太朗との関わりをしっかり持てる安寧の場…だったのだが。
最近は闘争の場と化している。
原因は…オカルト研究会とかいう集まりに、湖太朗が参加した事だ。
実によろしくない。あんな女の子ばかりの集まりなんて。
しかもオカ研のメンバー全員が湖太朗に好意を抱きかけている。
まったくもってよろしくない。
湖太朗君に好意を向けるのは私だけでいいのだから。

 

「コタロー、一緒にお昼を」
ガスッ!
「あうっ」
昼休み、いつの間にかこっちの教室に来ていた静流ちゃんが動いていた。
他の誰にも、靜流ちゃん自身でさえ気づかれない速度で首に手刀。
ほんのわずかな脳震盪を起こす程度に加減して攻撃する。
これぐらいなら魔物やドルイドの力を使う必要なんて無い、今までの経験で十分だった。
「ん?何だ、靜流」
目が虚ろになっていた靜流ちゃんは、湖太朗君の声で意識を完全に取り戻した。
だが、頬に人差し指をつけ、少し考えた後、
「すまん。何を言おうといたか忘れてしまった」
「おいおい、大丈夫か?今からボケてちゃ将来大変だぞ?」
「大丈夫だ。心配しなくてもボケてない。…多分」
任務完了。そして私はお弁当を手に持ちつつ、
「湖太朗君、お昼食べよっか」
「あいよ」
湖太朗君と一緒にお昼。これは私だけの特権。
誰にも、渡さない。
渡す気なんて、一切ない。

 

放課後にも湖太朗君に忍び寄る女の影。
吉野君と遊んでたはずの湖太朗君が、委員長と人気の無い後者裏で二人きりになっていた。
魔物経由で会話を聞き取るに、遊びで使っていた缶を潰しているらしい…実によくない。
私は懐から常備しているコンパクト型のステルスリーフバードを取り出す。
ステルス型のリーフバードの中でもパワータイプを選択し、契約した後校舎裏に向けて放つ。
二人は今、缶を潰すという目的であそこに居る。
だったら、リーフバードで人知れず潰してしまえばいい。
「んで、ここを押せばいいのか?」
「そうだ。これを使えば簡単に缶を潰すことができる。まったく人類の発明とはすごいものだ」
「だよなー…あ、なんか楽しくなってきた」
「そうだろう?この楽しさが広まれば、もっともっと潰して捨てる人が増えると思うんだけどな」
むむ…仲睦まじい。あんな会話を湖太朗君としていいのは私だけなのに。
そうこうしている内に、新たなリーフバードが校舎裏に到着していた。
気配を悟られないように、音を立てずに二人の背後にある缶を潰していく。
「さて、と…あれ?もうこれだけだったか?」
「もう、ここまで潰していたのか。天王寺、もう私の使ったのは返してくるぞ」
「おう、分かった。さっさと済ましちまうよ」
「別に、もうちょっとゆっくりでもいいんだが…」
委員長が少し頬を赤らめながら、小声で呟く。
幸い湖太朗君には聞こえてないようなのでスルーしておく。
…命拾いしたね、委員長。

 

学校が終われば、今日も湖太朗君と一緒に帰って、家の前で別れる。
家に帰れば、カメラを使って見守る。
これをずっと、ずっと続けてきた。これからも辞める気なんてない。

 

 

これが、私の日常。

 

 

これは、私だけの特権。

 

 

誰にも、渡さない。

 

コタロウクンハ、ワタシノモノ。

 

 

 

おしまい

 

 

あとがき
お久しぶりです皆様、和板です。
今回はRewriteより、神戸さんちの小鳥さんにヤンじゃってる系女子になってもらいました。
…やめて!石投げないで!ヤンデレが書きたかったの!

Rewriteが発売されて結構時間が経ったように思えますが、皆様クリアはしましたか?
自分は初回限定版についてくる小説をプレイ前に読んで壮大な公式からのネタバレをくらいつつも一周クリアしました。
さて二周目を…と思い立ったのですが、積んでしまっているゲームのため断念。
他人のレビューで一番面白かったのは、
「Keyの皮を被ったロミオゲーでした。」という密林さんのレビューですかね。
様々な考察が展開されてますが、まぁここではこの辺にしときましょう。

では、今回はここまで。
次は、クロスオーバーを上げられると思います。プロットをうーんうーんと唸りながら書き上げていますので、
それ以降少しは更新ペースが上がると思いますので、気長におまちください。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

名無し少年の色恋物語 〜館長からのプレゼント編〜

「なんだか、最近毎日館長に呼び出されているような気がするなぁ」

そうボヤくのは、最近とある図書館でご厄介(?)になっているあー君こと少年Aである。

本日も、図書館館長を勤めるみなるでぃ改に呼び出されたのである。

『あー君や、帰りにちーとうちの図書館に寄って行ってくれんか』

「はい?今日はなにかありましたっけ?」

『うむ、ちと渡したいモノがあってな』

「はぁ」

『ま、つーわけで来てくれ。』

という一方的な電話があったそうな。

「こんにちはー…」

図書館の扉を開け、中に入る。

「あら、いらっしゃいAさん」

「あっ…こんにちは新奈さん」

図書館の顔であり司書である更新野新奈さんが居た。

「今日はどうされたんですか?」

にっこりという擬音をつけたくなるほどの笑みで、僕に聞いてくれる。

あまりの可愛さに一瞬フリーズしてしまうが───そこはなれたものだ───すぐ再起する。

「今日は館長に携帯で呼び出されたんです。

なんでも、渡したい物があるそうで」

「そうでしたか…すいません、いつもいつも急に呼び出して」

「いやいや、大丈夫ですよ」

毎日新奈さんに会えて幸せですとは、恥ずかしくて言えないけど。

「多分奥にいるので、先に館長室へ行っておいてもらえませんか?

私もすぐ追いかけますので」

「あ、はい。じゃあ先に行ってますね」

というやりとりをして、僕は館長室に向かった。

コンコン。

「失礼します」

ノックをした後、扉を開ける。

あの館長といえど、礼儀は必要だ。

「おお、来たかあー君」

『緑の生命体』と比喩される事の多い、ここ色彩屋根裏図書館館長は、

館長室らしい木の机とセットになっている椅子に座っていた。

「呼び出したのは館長でしょう?」

「そうだ。

実はアー君に渡したいもんがあってな」

「その渡したい物って一体なんですか?」

「うむ。二つあるのだが、まずはこれだ」

そういいながら館長が机の中から出したのは、黒い箱だった。

「一体それは?」

「中に入っているのは、『ネットウォーカー』という機械でな。

ほれ、以前『外でもレポートが書けたらなぁ』とボヤいていたじゃあないか。

その時ずっと放置してあったこいつを思い出してな。

倉庫から引っ張り出してきたわけだ」

「え、いいんですかこんなの!?

最低でも3万はしますよ!?(2010年12月現在)」

「まぁ、元々放置してあった物だしな。

動作確認はしておいたし、アダプタも入れておいたから大丈夫だろう」

「こんなに高い物…ありがとうございます!」

「なんのなんの。

いつも図書館を贔屓にして貰ってるお礼という事にしておいてくれ」

館長の優しさに、僕が感動していると。

「それで、もう一つ渡す物があるんだ。

実はこっちの方が本題でな」

「え?ネットウォーカー以上に大事な物ですか?」

「ああ、これだ」

そう言って館長が渡してきたのは、生温かい黒い布だった。

「? なんですかこれ?」

「新奈のぱんつだ。しかも脱ぎたて」

「ちょ、え…ええええええええええええええええ!?」

これが、新奈さんのぱんつ。

しかも、脱ぎたてという事は、この暖かさは新奈さんの…

「って、何渡してるんですか館長!?」

「と言いつつ、ぱんつの感触を堪能している。

お主も男よのぉ」

うっ、流石は館長。

「と、とにかく!これはお返しします!いくら何でも受け取れません!」

と言いつつぱんつを机の上に置く。

何を勿体無いことをと館長が言っているけど、流石にこれは受け取れない。

「隙ありっ!」

某コーナーで鍛えた瞬発力で、ぱんつを持った館長が迫ってくる。

某コーナーなら、慣れている彼女が館長を撃退するのだが、今の標的はアー君である。

勿論、アー君にそれをかわす身体能力はなく…館長の襲撃をまともに受けることとなった。

「よし、これでアー君が新奈のぱんつによって変態仮面になった訳だが」

「って何やってるんですか館長おおおおおおおお!」

見事にアー君の頭に新奈のぱんつがフィットしていて、

正に変態仮面そのものである。

アー君はとろうとして、ぱんつに手をかけたその時…

「失礼しま…へ?」

そのぱんつの本来の所有者が、姿を現したのである。

新奈がみたのは、自分のぱんつを被って、それに手をかけている少年。

ここから導き出される想像は、そう少なくないだろう。

「私の下着で…なにやってるんですかああああああ!」

「すいませえええええええええん!」

夕方の空に、少年少女の声が響いた。

「すいません、Aさん。

つい取り乱してしまって…」

本当に申し訳無さそうに、新奈が頭を下げる。

ちなみにその足元には、新奈によってのされた館長がいた。

「いえ、気にしていないので大丈夫ですよ」

「本当にすいません…館長には、もう一度よく言って聞かせますので」

「もう頭をあげてください新奈さん…じゃあ、今日はこの辺で帰りますね」

「はい、また落ち着いた頃に来てくださいね」

「ええ、いつでも来ますよ」

そう言って、A君は家に帰るのであった。

(また、明日も来よう)

と考えながら。

図書館前にて。

「珍しいじゃないか、新奈」

ぼろぼろの館長が、新奈に話しかける

「珍しい?どういう事ですか?」

「あんな光景を見たら、お前はまっさきに俺を疑うはずだ。

アー君がそんな事するはずがない、ってな。

だがお前はアー君へ攻撃した。俺が見えていないぐらいにな」

図星をさされ、何も言えなくなった新奈だったが、ふと

「なんだか、Aさん相手だとそうなっちゃうんですよね。

自分でもよく分からないんですけど。

Aさんって、不思議な人ですよね」

「ふむ、そうなのか…そりゃあ、よかったな」

「よかった…?どういう意味ですかそれ?」

「いやなに、なんでもないさ。気にするな」

「はあ」

いまいち腑に落ちない新奈であったが、気にするなと言われれば気にしないでおく。

頭の片隅の、【不可解な事】の抽出しにしまっておく事にしたのだった。

───────────────────────────────────────────

新奈可愛いなぁとか思ってたら完成しました。

ちなみに大半は修学旅行の行き帰りの電車内で書いたことは秘密。

そんなこんなで、プレゼント編でした。

作中に出てきた館長がアー君にあげたネットウォーカーですが、実話です。

館長からA君へ渡されたネットウォーカー、真実はみなるでぃ氏から和板へと渡された物です。

こちらから感謝の連絡を入れた所、

「じゃあなにかそれで一つお話を書いてください」

と言われたので、ネットウォーカーを駆使して書き上げました。

新奈のぱんつも館長は渡しそうだね、とも文章にあったので、ついでに脱ぎたてにして

アー君にわたしてみました。

それと宣伝ですが、「唯湖クリスマス祭」を開催します。

詳しくはこちらのページにのっていますので、興味のある方はご覧下さい。

http://shiningweb2.futene.net/yuikoxmasindex.html

期限ギリギリの宣伝に効果はあるんでしょうか?…うん、気にしない。

最後に、ネットウォーカーを下さったみなるでぃ氏にここでもう一度感謝を。

橘和板でした。

←今回のお話はこの人なしでは完成しなかったと言えるみなるでぃ氏のサイト『色彩屋根裏図書館』

投稿後再追記:唯湖クリスマスのアドレスで気づいた人も居るかもしれませんが、鯖を借りました。
長らく世話になったWordPressですが、撤退するやもしれません。お知らせまでに。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

名無し少年の色恋物語


なんだかんだで結構書くのに時間かかった気がします。
スクロールしてどうぞ。

「はぁぁぁぁ・・・」
ここに、悩ましげな溜息をつく少年が一人。
「うぅぅぅぅん・・・」
そう。彼こそが、今回の主人公である。
その名も――――――――――

少年Aである。
「モブキャラかよ!?」

「少年の悩み」

そう。今彼は悩んでいるのである。
「はぁぁ・・・」
(どうすれば、いいんだろうな・・・)

一目惚れだった。
あれは、確か去年の夏休みだったと思う。
俺は夏休みの課題を片付ける為、図書館に行った。
(はぁ、ホントだるいな・・・とっとと終わらせて帰るか)
とりあえず図書カード作る為に受付に行くか・・・と思い受付に。
そこで・・・彼女と出会ったのである。
「今日はどのような本をお探しですか?」
その人は、俺が見た事もないぐらい綺麗な人だった。
「え、えっと・・・」
俺は、しどろもどろになりながら希望の本のジャンルを伝える。
「あ、それならこの本等がいいと思いますよ?」
彼女は一冊の本を差し出してくれた。
「あ、どうも・・・」
「どうされます?ここで読むか、それとも借りていきますか?」
「あ、じゃあ借りてきます・・・」
「はい、ではここに名前と住所を―――」

こうして、彼女との会話は終わった。
あの時から、ずっとあの図書館に通っている。
向こうも顔を覚えてくれたみたいで、親しげに話しかけてくれる。
こっちも最初の時よりかはしっかり喋れるようになって、色んな事を聞けた。

名前は、更志野新奈さん。
ここ、色彩屋根裏図書館の司書をしていて住み込みで働いているらしい。
図書館、という位なのだから館長の一人でも居てもおかしくない。
その事について新奈さんに聞いてみても、
「いえ、気にしないでください。居て居ないようなもんですから」
との返事が来た。一体どのような人なんだろう・・・?
一度は会ってみたいとも思った。

そして、何も進展がないまま、今日に至る。
(やっぱり、なにか行動を起こしたいよなぁ・・・)

という訳で。
僕は、親父のカメラを持ち出したのであった。
(これで、新奈さんを・・・)
撮る、いやできれば一緒に・・・いやでもそれはと。
考えている内に図書館に到着。
(よし・・・)
少年が勇んで図書館に入ろうとすると・・・
「おい貴様、そこで何をしている?」
「うわあっ!?」
目の前に居たのは、緑色の・・・生き物?
「あ、あなたは・・・?」
「うむ。我こそは色彩屋根裏図書館の館長、みなるでぃ改であーる」
「え・・・か、館長さん!?」
「ああ、その通りだ。所で・・・」
館長はカメラを一瞥すると
「ここで何をしておったのだ?どうやら我が図書館に入ろうとしていたようだが・・・ああ、新奈のファンか」
「ふぇっ!?な、なぜそれを」
「ふっふっふっ。館長は最強であり至高だからな。そんなこと御見通しじゃ」
あいた口が塞がらない。
そういった感じの少年Aなのであった。
「ふむ、だが新奈の写真は撮らせんぞ」
「な、なぜですか!?」
「だってそっちの方がありがたみますやん♪」
なんとも身勝手な館長である。
「でも・・・」
「なんと言っても撮らせんぞー!」
頑なに撮らせようとしない館長。
だが、そこに少年Aの心に火がついた。
「でも・・・僕は撮るんだ、何がなんでも!」
「ほほう・・・この館長と闘りあうというのか、若き少年Aよ」
「ああそうさ!僕は貴方を倒して・・・新奈さんの写真を撮るんだ!」
「だったら・・・くらええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
館長はハンドガンを取り出し、アー君にギリギリ当たらないように打つ。
「うおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
大してA君は素手で対抗する。
装備的には圧倒的に負けているが、どーでもいいようだ。
「なんか騒がしいような・・・?って、ちょっとー!・・・何やってるんですかー!」
「え・・・新奈さん?」
戦闘の最中でありながら、新奈に気づくA君。
「もう・・・怒りますよー!!!!!」
「え・・・えーーーーー!?」
新奈は、とりあえず館長が暴れていたのでキレたのであった。

数刻後。
そこにあったのは、立つ一人の少女と、倒れる二人の男たちであった。
「ほんとにもう・・・って、少年Aさん!?大丈夫ですか?」
「あ・・・はい、大丈夫で・・・す・・・ガクッ」
「少年Aさん?少年Aさん!?」
こうして彼は気絶してしまったのだ。
自分の恋焦がれる少女によって。

この後、愛しの新奈に介抱されるというイベントが起きるのだが・・・それはまた、別のお話。


さて皆さんいつも出会うときはお久しぶりですねどうも和板です。
なぜか知りませんが始まってしまいました「名無し少年の色恋物語」。

 

司書である新奈ちゃんと、名前もまだ無い少年A君の物語。
一体どうなるのか、自分でも分かりません。
あたたかい目で見ていただければ幸いですw

←新奈ちゃんと館長が居るMinardi改vbx氏のサイトはこちら

新奈「え、これなんなんですか?(– ;;;)」
和板「言ったろう?またここに来ることになる、とね・・・(-▽-)」
新奈「わたし、どうなるんだろう・・・?(–;)」

カテゴリー: Uncategorized | 1件のコメント

夢を見つけた男のはなし~新しい出会い~

皆さんどうも、橘です。

今回、一次創作に挑戦してみました。

正直どのような方向に飛んでいくかわかりませんが、どうぞあたたかい目でごらんください。

では、リンクよりどうぞ。

続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | 1件のコメント

七夕の悲劇

どうも。橘です。
悲劇とか言ってるけど、普通のドタバタものです。
あと、数分で書きあげました。正直すまんかった。

リンクから本編どぞ。

続きを読む

カテゴリー: 理樹 | 1件のコメント

古河さんちっ!

また会いましたね橘です。

最近の出来事と言えば、keyのAngelBeats!の天使の本名なんですが・・・
「たちばな かなで」
なんですよ。
・・・あ、私の娘でs(ry
調子乗ってすいませんでした orz

さて今回は、秋夫視点のほのぼのとした日々です。
そうです、前作で没になった奴です^p^
元々はこれがぱんつネタ予定だったんですが、諸事情により没。
それを加筆し、書いてみました。

では、リンクより本編スタートです。

続きを読む

カテゴリー: Uncategorized, | 1件のコメント

クド誕生日集

おやおや、またお会いしましたね。
あ、なんでもないです橘です。

さて、先日6月12日はリトバスより、「能美・クドリャフカ」の誕生日でした。
んで、ことみの時同様誕生日SSを#keySSにてSSを二作うpさせて頂きました。
クドの誕生日。
また自分は何も用意してなかtt(ry

では、リンクより本編どうぞ。

続きを読む

カテゴリー: 誕生日 | 1件のコメント

「柔らかい家族」

ほのぼの(?)系SS初挑戦。(のような気がする)

アホアホ家族の父、おっさんこと秋夫視点です。
あと、秋夫が変態ちょっとおかしいですが気にせずに。

このSSのネタを考えてくれた人→みにゃるでぃ氏 (色彩屋根裏図書館
これはもう合作では・・・!(マテ

本編はリンクからどうぞ。
続きを読む

カテゴリー: | 2件のコメント

ことみ誕生日集

こちらでははじめまして、橘和板(たちばなわいた)と申します。
先日ひらがなみっつでおなじみ、ことみちゃんのお誕生日でした。(結構前の話(ぇ

※以下言い訳タイムなので長文続きます。とっとと本編を見せてくださいませこの野郎という方はスクロール推奨。

ですが、その日まったく何も用意していたなかった橘困惑。

ショボーンとしていると・・・つぶやきサービス「twitter」にて、様々な方がSSうpしてるじゃあーりませんか。
これは乗らない手はない、そう思い立ち一作書きあげうp。

その後、お世話になっているあんぱん氏との会話(ついったー上でですが)にて、

橘「いやぁ、しかしS岡崎&Mことみは鉄板ですなぁ~w」
あんぱん氏「逆にSなことみってのが流行る!(ぇぇぇ」

と言ってたんで、だったら書いてやんよ!・・・と思い立ち二作目うp。

そんなこんなでことみ誕生日を祝いつつ、橘和板の祝いは二作で終了したのでした。

※言い訳タイム終了です。スクロールしてきた方はストップ!※

という訳で自分の二作の作品、ついったー上にに残してあるんですが、復帰作としてこちらにうpします^p^
という訳で、下のリンクより、140字以内SS×2、おたのしみ下さい。

なお、twitterにて「#keyss」と検索すると、自分以外のSSも見られますのでよろしければどうぞ。

続きを読む

カテゴリー: ことみ | 1件のコメント